社員紹介

技術の向上と共に人としても成長したい

S.N.

人事グループ総務ユニット
プランニング&オペレーション | 2013年新卒入社

S.N. プランニング&オペレーション | 2013年新卒入社

アビームを選択した理由
就職活動をする際のポイントとして「技術の向上と共に人としても成長したい」という思いがありました。そのことを進路担当の先生に相談したところ、ヘルスキーパーを紹介していただいたことがきっかけでアビームに入社しました。ヘルスキーパーという職種の良いところとして「会社の一社員として働くことができる」「治療院のように不特定多数の方が対象ではなく、特定多数の方々を継続的に診ることができる」ということが挙げられると思います。特に「特定多数」の方を継続的に施術できるということは、自分の得意・不得意を把握しやすく技術向上につながります。また、他社と比較するとアビームのリラクゼーションルームは規模も大きく施術スタッフも多いため、日々たくさんの刺激を受けながら仕事ができるのが大きなポイントです。そして、「障がいの有無関係なくフラットな環境で仕事ができる」というのもアビームを選択した理由のひとつです。アビームでは施術時間外は社員の方々とデスクを並べて勤務をするため会社の雰囲気を身近に感じることができます。社員の方を対象にマッサージをするわけですから、会社の雰囲気や社員の方の働き方を知るということはヘルスキーパーにとってとても大切なことだと思います。
入社前のイメージと入社後のイメージの違い
入社する前は、新卒で尚且つ視覚に障がいを持った自分が、多くの人が働く環境に適応できるのだろうか?という不安がありました。しかし働いてみると視覚的に厳しい部分などはサポートしていただいていますし、リラクゼーションルームを利用されている方はもちろんですが、アビームは障がいへの理解が深いという印象です。リラクゼーションルームのメンバーもそれぞれ個性豊かでチームワークを大切にしており、働きやすい環境であると思います。
ヘルススキーパーとして心がけていること
常に研究心・向上心を持って仕事をするようにしています。相手の主訴に合わせてどのようにアプローチをするべきか、結果どうだったか、今後はどのようにしていけば良いか、また、日常生活ではどのようなことを意識してもらえば良いのかなど、相手のことを知り、分析するということを意識しています。ヘルスキーパーとしてのキャリアをスタートしたばかりなので、なかなか思ったような結果が出ないこともありますが、そういったことを心がけて仕事をすれば必ず成長につながると思っています。また、利用者の個人情報の取り扱いには常に十分な注意をしています。
今後の展開
ヘルスキーパーである以上、技術の向上が大事ですが、それだけではいけないと思います。この仕事は「人と人とのつながり」がとても大切な仕事であり、何度も足を運んでいただくためには技術だけではなく様々な知識を持ちそれをわかりやすく伝える力も要求されます。また、”体”自体の知識もとても大切ですが、時には利用者の症状から食生活やストレッチなどをアドバイスしたり、外国人社員が利用されることも増えてきていますので、ある程度の語学力も今後は必要だと思います。そういった「技術」・「知識」や「コミュニケーション能力」を身につけアビームのヘルスキーパーだからこその「魅力」「価値」を示すことがこれからの大きな目標でありモチベーションとなっています。