• HOME
  • キャリア・研修・評価

キャリアパス

コンサルタント職

インダストリーあるいはサービスラインいずれかの部署に属し、クライアントサービスに従事します。キャリアが上位に進むにつれ、プロジェクト全体を見るために必要な経営知識やプロジェクトのマネジメント力、より高度な問題解決能力などが求められます。

プリンシパル/ディレクター
経営者としてクライアントマネジメント及び、所属組織のリーダーを担う。あるいは特定の専門領域において業界全体をリードする。
シニアマネージャー
大規模プロジェクトのリーダーであると共に、所属組織をリードする。
マネージャー
プロジェクトリーダーとして業務変革・組織変革を実現すると共に、ソリューション開発、顧客開拓、人材育成を担う。
シニアコンサルタント
ITスキル・業務知識の深化を図り、一定領域の業務変革をリード。チームリーダーとしてメンバーを指導。
コンサルタント
アナリスト
ITスキル・業界知識の基礎スキルを養成し、業務プロセス改善の担当者としてプロジェクトに関与。

エントリーはこちら
(募集職種を見る)

スペシャリスト職

インダストリーあるいはサービスラインいずれかの部署に属し、クライアントサービスに従事します。コンサルタント職と異なり、特定領域の専門性を追及する職種です。

プリンシパル/ディレクター
経営者としてクライアントマネジメント及び、所属組織のリーダーを担う。あるいは特定の専門領域において業界全体をリードする。
シニアエキスパート
特定領域の専門家として、社内外において専門領域をリードする。
エキスパート
特定領域の専門家として、アビームのビジネスを牽引する。
シニアスペシャリスト
専門性を確立・深化させ、特定領域の意思決定を行う。
スペシャリスト
ジュニアスペシャリスト
特定領域の基礎スキル・専門性を養成。

エントリーはこちら
(募集職種を見る)

プランニング&オペレーション職

プランニング&オペレーション職は、クライアントサービスを間接的にサポートします。各クラスで求められるスキルには、Technical Skill(実務能力)、Conceptual Skill(論理的思考)、Human Skill(対人関係)の3つの軸があり、ランクが上がるにつれ、それぞれのスキルを高めていくことになります。

ディレクター
担当部門における責任者であり、時にアビームの経営者の一員として意思決定を行う。
シニアマネージャー
中長期的視野を持って経営層の意思決定をサポートし、部内メンバーの指導を行う。
マネージャー
チーム運営責任者として、リーダーシップを発揮し、チームメンバーの育成を行う。
シニアアソシエイト
チームリーダーとして担当領域において高い専門性を発揮し、メンバーをリードする。
アソシエイト
メンバーとして担当業務を独力でスピーディに対応し、業務の専門性を高めていく。
ジュニアアソシエイト
メンバーとして上位者のサポートを受けながら担当業務を遂行し、業務知識を習得する。

エントリーはこちら
(募集職種を見る)

研修制度

[ 研修の全体像 ]

研修の全体像の図

[ 中途入社研修 ]

  • 日程 コース 内容
  • Day1 Consulting Business ABeamのビジネスの概要、行動原則を理解する
  • Day1&2 入社オリエンテーション ABeamの社内規程などの基礎知識や各種手続きを理解する
  • Day3 ABeam Method(基礎) ABeamの方法論の狙いや構成、活用方法を理解する
  • Day4 プロジェクトマネジメント(基礎) ABeamのプロジェクトマネジメント方法論の基礎を習得する
  • Day5 ロジカルシンキング(初級) コンサルティングスキルの基礎となるロジカルシンキングを習得する
  • Day6 ドキュメンテーション(基礎) PowerPointを使ったドキュメント作成の基礎を習得する
  • Day7 問題解決(初級) 問題解決のプロセスと思考法を習得する
  • Day8 インタビュー(初級) 効率的に深く情報収集するためのインタビューの基礎を習得する
  • Day9 TOEIC 語学力の向上及び今後の向上施策検討のため、TOEICを受験する
  • ファシリテーション(初級) 目指すべき会議を理解し、それを実現するためのスキルを習得する
  • Day10 コンサルティングスキル総合演習 ケーススタディを通じてコンサルティングスキル習得の総括を行う

評価方法

評価は、半期に一度の賞与査定評価と、年に一度の昇進査定評価の2種類があります。賞与査定は、プロジェクトへの貢献と組織への貢献の2軸で形成されています。

昇進査定評価は、評価期間内に関与したプロジェクトからの推薦を考慮の上、同じ組織の上位者であるカウンセラーが、中長期的なキャリア形成の視点で判断し、所属組織で審議する仕組みとなっています。

評価方法

カウンセリング制度

アビームコンサルティングでは、所属組織以外の多様なメンバーとチームを組み、プロジェクト単位で仕事を進めていきます。このような働き方はコンサルティングファームの魅力のひとつですが、プロジェクトが変わると上司も変わるため、社員一人ひとりを中長期的な視点で育成することを目的として、「カウンセリング制度」を設けています。

所属組織内での上位者がカウンセラーとなり、成長に向けたアドバイスを中長期的な視点で行なうほか、プロジェクト上司にカウンセリーの働きぶりを確認し、強みや課題を理解して、適切なサポートやフィードバックを行ないます。

このように、中長期的な視点で育成を行うカウンセラーと、業務を通じて育成を行うプロジェクト上司が相互に連携しながらカウンセリーの成長を支援しています。

[カウンセラーとカウンセリーの位置付け]

カウンセラーとカウンセリーの位置付け
  • カウンセリー(社員一人ひとり)
  • カウンセラー(原則として同じ所属組織の上位者)
    ・中長期的な視点でキャリア形成を支援
    ・プロジェクト評価をふまえた次年度の能力評価
    ・プロジェクト上位者との連携
  • プロジェクト上司(プロジェクトの上位者)
    ・プロジェクトを通じた育成
    ・プロジェクトでの貢献度および能力評価
    ・カウンセラーとの連携