クライアント・事例

新興国進出支援プロジェクト

新興国進出支援プロジェクト

与えられたリミットはわずか1年。
シンガポールから
金融機関の新興国進出をサポート。

  • 業界大手金融機関
  • プロジェクト期間1年

アジアの経済成長に伴い、日本企業のアジア進出が加速しているが、その日本企業をサポートする金融機関もまた、例外ではない。大手金融機関A社は、今後の経済成長への期待が高まっている新興国でのビジネス拡大を目指し、現地への進出を図ろうとしていた。わずか1年という短期間で、現地の業務体制・システム基盤を構築するパートナーとして、アビームコンサルティングが選ばれた。

プロジェクト内容・特徴

[ 内容 ]

  • A社の新興国での業務開始に向けた、業務プロセス設計~システム導入(パッケージシステム)の支援。
  • A社の現地中途社員の教育支援。(新システムの理解促進のためのユーザテスト実施を支援)
  • その他、当局認可取得、A社現地社員採用、オフィス準備の進捗管理・サポート。

[ 特徴 ]

  • 現地進出決定からわずか1年という短期間での業務体制構築・新パッケージシステム導入を実現。
  • 新興国から程近いシンガポールにおける、多国籍メンバーとのプロジェクト推進。

アビームが選ばれた理由

  • 会社統合PMO、業務プロセス改善(BPR)、システム導入PMOなど、A社を初めとする大手金融機関において豊富な支援実績があること。
  • グローバルでのシステム導入経験を豊富に持ち、新パッケージシステムに精通している国際色豊かなアライアンスパートナーと協業できること。
  • 「日本発のグローバルコンサルティングファーム」として、日本企業A社のキーパーソン対応を日本人が行うことでA社の意図が汲み取りやすくなり、日本品質の提供が可能となること。

プロジェクトフェーズ

プロジェクトフェーズ

プロジェクト体制図・メンバーの役割

  • プロジェクト管理・推進を担うPMOと、実⾏部隊であるユーザ部の両サイドからシステム導⼊をサポート
  • 国際⾊豊かなプロジェクト体制

プロジェクト体制図・メンバーの役割

  • 1PMO支援プロジェクトマネージャー
    シニアマネージャー

    マネジメントの視点からプロジェクト全体の状況を把握し、重要課題の解決をサポート。

    • アビームプロジェクトメンバーの作業管理・サポート
    • プロジェクトトラブル発生時の解決策の提言・策定・計画化
  • 2PMO支援プロジェクトメンバー
    シニアコンサルタント

    クライアントと日常的なコミュニケーションを図り、円滑な情報共有の場を醸成。

    • マスタースケジュール・課題管理表の作成・管理
    • 多岐にわたるユーザ部門・システム部門・外部ベンダー間の意見・タスク調整
    • 会議設定・ファシリテーションによる個別課題の解決推進
  • 3ユーザ部支援プロジェクトマネージャー
    ダイレクター

    金融業界の知見を生かし、業務・システムの両面にまたがるタスクの推進方法を提案。

    • アライアンスパートナーメンバーを含むアビームプロジェクトメンバーの作業管理・実務サポート
  • 4ユーザ部支援プロジェクトメンバー
    コンサルタント

    現場の進捗・課題を把握し、プロジェクトマネージャーのプロジェクト管理をサポート。

    • UAT(ユーザ受け入れテスト)や業務リハーサルの進捗、課題の管理・報告
    • アライアンスパートナーメンバーやクライアントと協同し、EUCを設計・作成