クライアント・事例

経営プラットフォームとしてのIT全面支援プロジェクト

経営プラットフォームとしてのIT全面支援プロジェクト

会社統合後の新たなステージを目指し、
IT戦略策定からシステム導入・定着まで
IT部門の企画・管理機能をトータルにサポート。

  • 業界専門商社
  • プロジェクト期間5年、現在継続中 (2015年6月時点)

更なるビジネス拡大を目指して、システムの再構築を行う日本企業が増えている。大手2社の同一事業を分離・統合し設立されたC社もそのような会社の一つだ。国内需要が減る中で、既存事業のシェアを死守するとともに、新規事業や本格的なグローバル化への対応を見据え、情報システム(アプリケーション・インフラ全て)の全面刷新と、IT部門の戦略・企画機能を強化したいと考えていた。上流から下流までのトータルサポートを武器とするアビームは、IT戦略策定から関与し、C社のIT部門のマネジメント要員としてプロジェクトを推進している。 

プロジェクト内容・特徴

[ 内容 ]

  • C社のIT戦略策定からシステム導入・定着化までの全工程をトータルサポート。総期間5年のプロジェクトで現在は1年目、構想策定フェーズを支援中。
  • 経営層の意思決定支援
  • IT戦略・企画立案
  • 事業部門との連携
  • ITベンダーやソリューションの選定

[ 特徴 ]

  • 基幹システムの刷新だけでなく、「IT」と名のつくものすべてが支援対象。
  • C社の立場で参画し、対外的にはベンダー交渉なども行う。

アビームが選ばれた理由

  • C社の親会社に対するプロジェクトを長年支援してきており、その実績が認められた。
  • 本プロジェクト開始前に、1ヶ月という短期間でITロードマップを策定し、その内容が評価された。※情報システム部門、及び情報システムの将来像と、その実現に向けた施策を整理したもの。
  • 総合コンサルティングファームとして、上流~下流まで一貫したサービスを提供できる体制が備わっていること。

プロジェクトフェーズ

プロジェクトフェーズ

プロジェクト体制図・メンバーの役割

プロジェクト体制図・メンバーの役割

  • 1プロジェクトマネージャー
    シニアマネージャー

    各チームの状況を的確に把握し、メンバーとクライアントを巻き込みながら、プロジェクト全体を統括。

    • プロジェクト全体のリード・管理
    • C社のプロジェクト責任者・マネージャーとの調整
  • 2業務・アプリプロジェクトマネージャー
    マネージャー

    基幹システムやBI、CRMに関わるすべての業務を担当。チーム内の状況を把握しリードする。また、ITだけでなく経営管理や業務改革課題の抽出・整理も実施。

    • 事業部門・コーポレート部門との調整
    • プロジェクト計画書の取り纏め
    • 業務・アプリ系ベンダー対応マネジメントや交渉
  • 3業務・アプリ プロジェクトメンバー
    コンサルタント

    基幹システムやBI、CRMに関わるすべての業務を担当。また、ITだけでなく経営管理や業務改革課題の抽出・整理も実施。

    • To-Be案(業務・システム)作成
    • RFP作成・パッケージ/ITベンダー選定
  • 4インフラ プロジェクトメンバー
    シニアコンサルタント

    ITインフラ構築と情報系システムに関わるすべての業務を担当。

    • 情報系・インフラのTo-Be案作成
    • 情報系(メールやポータルなど)の展開計画策定
    • インフラ系ベンダー対応
  • 5ITマネジメント プロジェクトメンバー
    コンサルタント

    ITガバナンスやマネジメントに関わるルールやガイドラインの策定からIT人材の育成支援まで、システム構築以外のIT関連業務を担当。

    • ITルールの体系化
    • IT組織案の作成
    • IT人材の強化施策立案