クライアント・事例

SAP導入・海外ロールアウトプロジェクト

SAP導入・海外ロールアウトプロジェクト

SAP導入・海外ロールアウトを全面サポート。
9年で全17カ国の経営基盤を刷新。

  • 業界メーカー
  • プロジェクト期間9年、現在継続中(2015年6月時点)

日本を含む全17カ国に事業所を展開するメーカーD社は、拠点ごとに使用するシステムが異なり、拠点間の情報伝達に時間がかかっていた。また、拠点間でコスト計算方法も異なり、会社全体のコスト構造を横串で把握できない状況であった。グローバルでの業務標準化、コスト削減を目的として、D社はシステムをSAPに統一することを決定。数々の企業変革を実現し、SAP導入でも圧倒的な国内シェアと実績、ノウハウと方法論をもつアビームとタッグを組み、17カ国に及ぶシステムの刷新プロジェクトが始まった。

プロジェクト成果

[ 成果 ]

  • 販売・物流・生産・購買・会計の各業務間のつながりを把握できる業務フローを作成し各国拠点へ展開することで、グローバルで同じ業務オペレーションの実施が可能となった。(業務の標準化)
  • 業務の標準化とともに、取引先要件・法的要件など各国固有要件も取り込むことで、現地仕様のシステム導入が可能となった。
  • 海外展開用のロールアウトキットを使用することで、各国で統一された導入プロセス、かつ短期間でのロールアウトが可能となった。※業務フローの標準版や必要検討事項一覧など、海外ロールアウト時に必要なものがセットになったもの。
  • コスト計算方法を全社で統一したことで、会社全体のコスト構造が把握可能となった。

アビームが選ばれた理由

  • SAP導入グローバルプロジェクト実績を豊富に擁する。
  • D社の海外全拠点(東南アジア、中国、欧州、米国)にアビーム社員が出張し、海外現地社員を巻き込んで導入をサポートすることが可能。(SAPグローバルプロジェクト経験と高い英語力を持つ人材が豊富)

プロジェクトフェーズ

プロジェクトフェーズ

プロジェクト体制図・メンバーの役割

プロジェクト体制図・メンバーの役割

  • 1チームリーダー
    マネージャー

    旧システムから新システム(SAPおよびその周辺システム)への「データ移行計画」の立案からデータ移行タスクの進捗管理・品質管理に至るまで、当該チームを円滑に運営するための統括業務を担当。

    • データ移行の全体計画立案
    • データ移行関連業務の進捗管理・品質管理・課題/リスクマネジメント
  • 2チームメンバー
    シニアコンサルタント

    担当モジュールの移行対象データ項目の要件把握から「データ移行手順」の立案までの移行要件定義の実施。データ移行手順に基づく具体的な移行ステップの実行。下位メンバーへの指示・管理。

    • 移行ステップの実施と進捗管理
    • 拠点ユーザへの移行データ整備・移行手順の説明
    • 課題の解決策の検討
    • 移行データのチェック・レビュー
  • 3チームメンバー
    コンサルタント

    「データ移行手順」に基づいたデータ移行ステップの実施。各拠点のユーザが円滑に移行用データを整備/作成できるための説明資料を作成。

    • 担当モジュールのデータ移行ツール作成、データ移行ステップ実施
    • 拠点ユーザへの説明資料作成
    • 移行データのチェック・レビュー
  • 4チームメンバー
    アナリスト

    「データ移行手順」に基づき、モジュールや業務に直結しないデータ移行やデータ移行ツールの作成

    • モジュールに特化しないデータ移行ステップの実施
    • データ移行ツールの作成