花王株式会社 2005年度版

アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

花王は1964年より消費財メーカーとしては先んじてアジア地域での事業を開始し、現在はパーソナルケア製品、ハウスホールド製品、サニタリー製品などの家庭用製品や化粧品、産業用化学製品の生産及び販売事業を展開しています。花王ではグローバル展開の柱となるアジア各国での業績のさらなる向上を見据え、業務の標準化と業務改善を推進するため2000年10月に「KAO ABSプロジェクト」を開始しました。ERPパッケージとしてSAPを選定し、アジア22拠点において4年5カ月にわたり壮大なスケールの導入プロジェクトを展開しました。

プロジェクト紹介はこちらからPDFダウンロード