鈴木 由宇

鈴木 由宇 すずき ゆう

専門分野
  • 行政経営改革(行政評価、計画策定、BCP、内部統制)
  • 業務・組織改革(BPR、民間活力活用)
  • ITコンサルティング(最適化、調達支援、PMO)
実施プロジェクト
  • 地方自治体の情報システム最適化支援プロジェクト
  • 地方自治体の行政経営改革推進プロジェクト
  • 地方自治体、公的組織の業務改善プロジェクト

経 歴

外資系コンサルティング会社を経て、2002年に入社。官公庁、教育機関、医療機関を中心に、経営・業務改革、ITコンサルティングを実施。

著 書

・公的組織の経営改善ハンドブック (共著、中央経済社)

お客様のリアルパートナーを目指して

地域住民や社会への貢献を視野に入れて、地方公共団体の変革を推進していきます

地方公共団体は、住民の福祉の向上を目的として、経済性、効率性、有効性の向上を目標としながら、行政活動を遂行しています。しかし、長期に渡って行政活動を実施していく中で、本来達成すべき目的が明確に共有されていない事業が存在したり、目標達成に向けた取組みが最適化されていない事例が表出していると思います。
各団体へのコンサルティング・サービス提供にあたっては、組織や事業の存在意義(誰のための仕事なのか)、創出すべき価値(どんな成果が提供されるべきか)を再度明確化し、これらを踏まえて、全庁での最適解を提案していきます。このように、各団体のサービス受給者として存在する”地域住民や社会”への貢献を視野に入れて、変革を推進していくことにより、お客様そして地域のパートナーを目指していきたいと考えます。