社員を知る

齋藤 沙織 齋藤 沙織

齋藤 沙織
コンサルタント

プロセス&テクノロジー
ビジネスユニット
IESセクター
2015年 新卒入社

コンサルタントとしての使命だけでなく、
リアルパートナーとしての使命が重要。

就職活動をしていた時から感じていた、アビームらしい「相手を思いやるスタンス」。その柔らかな物腰や相手志向のコミュニケーションは、実際のプロジェクトでも常に発揮されています。アビームで求められるのは結果だけではなく、クライアントのリアルパートナーとしてふさわしい信頼感や安心感。そのようなコンサルティングファームだからこそ、真のコンサルタントになるための知識と経験が磨けるのだと思います。

相手志向のコミュニケーションを大切にして
コンサルティングを行いたい。

コンサルタントを志した理由は、幅広い業界に関わることができ、自分の知見を磨くことができると感じたからです。就職活動ではコンサルティングファームを中心にエントリーしていました。多くのコンサルティングファームの中でもアビームは、他のファームとは違い、コミュニケーションの仕方に柔らかさがありました。その相手の事を考える姿勢から、きっとアビームなら、クライアントに対しても一方的なナレッジの提供などではなく、クライアントが何を求めているのかを第一に考えたコンサルティングができると感じたのです。そして、それこそが自分が理想としているコンサルタントの姿であり、同時に、自分を成長させられる手段でもあると考え入社を決意しました。

当時感じた印象は、入社した今でも全く変わりありません。どんな場面でも、コミュニケーションを大切にし、クライアント思いのコンサルティングを行っていると感じます。

大規模なプロジェクトであっても、
メンバーが結束しているのがアビームの魅力。

現在、私が担当しているのは、大手住宅設備メーカーのシステム統一プロジェクトです。200名以上のメンバーが関わる大規模なプロジェクトですが、アビームらしい「メンバーの一体感」を常に感じています。チーム単位の定例会の他に、全メンバーが集まる定例会を開催し、全員が同じ方向を向き、プロジェクト全体で高いパフォーマンスを出せるように結束力を高める場を設けています。もちろん大切なのは、最終的に結果を残すことです。しかし、アビームがクライアントに提供しているのは、結果だけではなく“リアルパートナー”としての姿勢。プロジェクトメンバー一人ひとりが、クライアントの成功のために心を一つにすることが重要視されているのです。これだけ大きなプロジェクトにも関わらず、メンバーが同じ目標に向かって一体感を持って働けているのはとても素晴らしいことだと思います。

クライアントの期待を超える難しさ。
そのハードルが、自分を成長させてくれる。

アビームで働くコンサルタントに必要なのは主体性です。自分で考え、自分で行動を起こしていく姿勢は、どんな場面でも重要ですが、言葉で言うほど簡単なことではありません。私も入社1年目に「もっと納得するまで情報を集めて、自分の考えを持って行動しなさい」と上司からアドバイスをもらいました。不甲斐ない自分に悔しさを感じましたが、その悔しさをバネにし、今では主体的に取り組むことができています。クライアントからも「期待以上でした」という言葉をいただく機会も多くなってきており、努力が実を結び始めたという実感があります。

コンサルタントは、インプットとアウトプットを常に行い続けなければならず、求められるレベルが高い仕事です。しかし本当に難しいのは、クライアントから頼られる存在であり続けること。期待を超え続けていくことだと思います。コンサルタントとしての使命を果たすだけではなく、クライアントの真のリアルパートナーであり続けることはとても難しい。難易度の高いチャレンジであればあるほど、コンサルタントとして大きく成長できると身をもって感じています。

キャリアパス キャリアパス

HOMEへ