グローバル経営を加速する人材マネジメント

国を越えた一体感の醸成と現地経営人材の育成・活用が大きな課題

概 要

アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 岩澤 俊典、東京都千代田区、以下アビームコンサルティング)は、グローバル企業における人材マネジメントの現状と課題、 今後の取り組みに関する聞き取り調査を実施し、「世界で勝てる組織」の人材マネジメントのあり方について考察をまとめ、発表しました。

今日のグローバル経営は、新興国市場の急成長、海外企業の買収、事業本社の海外移転などによって、複雑さ、難しさを増しています。こうした状況において、日本企業は経営人材の育成、グローバル本社(経営リーダーチームとそれを支援するスタッフ部門)の確立、取締役会のグローバル化という大きな課題に直面しています。経営リーダーチームに誰が就くのか、取締役会のメンバーをどうするのかという問題は、経営人材の育成に帰着します。

本調査は、アビームコンサルティングが2009年3月から2009年5月にかけ、東証一部上場で連結売上高1,000億円以上、海外売上比率20%以上の日系グローバル企業20社と外資系グローバル企業2社の計22社を対象に実施した聞き取り調査に基づいています。聞き取り調査は、人事部門または経営企画部門の責任者(担当役員、部長クラス)との対面インタビュー形式で実施しました。22社中18 社は製造業、4社は非製造業となっています。

グローバル企業22社に対して詳細なインタビューを実施することで、日系グローバル企業が世界で勝てる組織になる上での人材面での課題が浮き彫りになりました。

目 次

はじめに
サマリー
1.グローバル経営の進展とグローバル化の段階
1-1 グローバル経営の進展と日本企業の課題
1-2 グローバル化の段階
2.人材プロセス、戦略プロセス、価値観
2-1 実行力~人材プロセスと戦略プロセス
2-2 求心力~価値観
2-3 グローバル企業の人材プロセス、戦略プロセス、価値観
3.インタビュー調査の概要
4.各社の取り組み~インタビュー結果のまとめ
4-1 製造業:分権化段階(6社)
コラム:ヤクルト本社
4-2 製造業:分散化段階(7社)
4-3 製造業:二元化段階(2社)
コラム:資生堂
4-4 製造業:ワン・カンパニー段階(3社)
コラム:ゼネラル・エレクトリック(GE)
4-5 非製造業(4社)
コラム:マイクロソフト
5 グローバル経営を加速するために~解決の方向性
5-1 国を越えた組織の一体感の醸成
5-2 現地人材の人材プロセスの整備
5-3 グローバルな視野を持つ経営人材の育成
5-4 ワン・カンパニーへと至る道筋
【付属資料】アビームコンサルティングの人材ソリューション